おっさんゲーマー歓喜のこんなニュースがありました。

なんと、聖剣伝説ニンテンドースイッチ移植されることが決定しました。

タイトルは、「聖剣伝説コレクション」6月1日発売で4800円、「聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-」、「聖剣伝説2」、「聖剣伝説3」の3作品がセットになって収録されます。

1から3までセットで出来るのは良いですね。ただ、昔のゲームほぼそのまんまの移植で4800円はちょっと値段が高いですね。せいぜい3000円くらいが妥当だと思うけど。

あれ、聖剣伝説って4があったような気がするけど気のせいかな?うん、気のせいだね4なんか無かった、3までで良かったですね。

まあでも、このニュースは30歳以上のおじさんゲーマーには嬉しいニュースですよ。俺は聖剣伝説ってタイトルは聞いたことあるけどちゃんとはやったこと無いので、この機会にやりたいですね。

今回の聖剣伝説以外にも、あの懐かしのゲームやこの古き良きゲームを移植してほしいというのがいくつか浮かんだので、今回の記事では、「ニンテンドースイッチに移植してほしい懐かしのゲーム5選」と題して紹介します。

(何であのゲームが入っていないんだよ?あのゲームも移植して欲しい!っていうのがあったら教えて下さい。追記で書く可能性有り。)

「ロマンシング サ・ガ」シリーズ

引用:http://mardius.world.coocan.jp/overture/html/saga/rsagabox.html

まず真っ先に思い浮かぶのは、ロマンシング サ・ガ、通称ロマサガですね。

聖剣伝説同様、当時のスクウェアが作り出した名作RPGの1つです。ロマサガはスーパーファミコンで1~3まで出ました。これをそのまま移植してほしいですね。

すみません、管理人の俺はこっちも未プレイです。スーファミのゲームを今から手に入れるのも大変だからこちらも是非移植してほしいですね。

「スーパーボンバーマン」シリーズ

引用:http://kebihabi.blog87.fc2.com/blog-entry-81.html?sp

お馴染みのボンバーマンのスーパーファミコン版のタイトルですね。こちらは、1~5まで出ました。

スイッチでは、スーパーボンバーマンRというのが出ましたが、評判はよろしくなく(この記事を書いた時点でAmazonの評価が平均2点)画面が見にくかったり、操作性が悪かったり、遅延が酷かったりと残念な出来だったそうです。

でも、スーファミで出たボンバーマンは面白かったですよ。ストーリーモードも面白いし、バトルモードも個性的なステージが多かったです。

移植するにあたって、バトルモードは是非オンラインにも対応して欲しいですね。

ただし、このスーパーボンバーマン、当時のハドソンから発売されており現在ハドソンはコナミに吸収合併されており、冒頭でbyハドソンって思いっきり言っているから、移植は色々厳しいと思われます・・・・

スポンサードリンク

「がんばれゴエモン」シリーズ

引用:https://goo.gl/pBEv2H

コナミ繋がりというわけで、がんばれゴエモン。ゴエモンは昔は色々出ていましたが、ここ10年以上は全く発売されておらず完全に過去の物となってしまいました。

新作は無理でも、せめて過去のシリーズだけでも移植欲しいですね。ファミコンからDSまで数多くのゴエモンのゲームが出ましたが、全部を移植は難しすぎるから、特に好きだったスーパーファミコンで出た4作品を移植してほしいです。

「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」、「がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス」、「がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め」、「がんばれゴエモン きらきら道中〜僕がダンサーになった理由〜」の4作品。

この4作の中で一番好きなのは2ですね。アクションゲームとして完成度が高かったし、ミニゲームも面白かったし、ゴエモンインパクトが始めて出たのもこの2からで面白かったです。

「MOTHER」シリーズ

引用:https://www26.atwiki.jp/gcmatome/pages/3476.html

任天堂の名作RPG、コピーライターの糸井重里さんが手がけたゲームです。

こちらも新作は99.9%無さそうなので、是非スイッチに移植して欲しいですね。こちらは、1はファミコン、2はスーパーファミコン、3はゲームボーイアドバンスで出ました。

スマブラでお馴染みのネスは2の主人公。リュカは3の主人公です。MOTHERも結構昔のゲームだからスマブラで出ているなーってくらいにしか感じていない人も大勢いると思うので、ここら辺で是非とも移植して欲しいですね。

MOTHERは見た目こそ任天堂のゲームですが、中身は良い意味で任天堂のゲームとは思えないストーリーで若干重く、感動出来る物になっています。

「スーパードンキーコング」シリーズ

引用:https://www.nintendo.co.jp/titles/50010000039696

任天堂の名作アクションゲーム、スーパーファミコンで1~3まで発売されました。

スーパードンキーコングってタイトルのわりには、2や3ではドンキーを操作出来ないから、タイトル詐欺もいいところですねwww

スーパードンキーコングは特に2が面白かったですね。DKコインやクレムコインを探すのに夢中で遊んでいました。中でも、きりのもりのDKコインはゴールターゲットにあり、タイミングが超シビアで何度もコースを周っていましたよ。DKコインが取れた時はどれだけ喜んだものか。

後BGMも2が一番名曲が揃っていましたね。たまに作業用BGMとして聴いているくらいです。

とげとげタルめいろは、名曲過ぎます。

まとめ

とりあえず、思いつく限りのタイトルを挙げてみました。うん、昔の名作は、すごーいですね、特にスーパーファミコン時代は数多くの名作が生まれました。今回挙げたタイトルも見事にMOTHER以外は全部スーパーファミコンのタイトルになりました。

スーパーファミコンミニが発売されたら超欲しいですよ。1万円までだったら出しますよ。当時のスーパーファミコンのソフトは1本で1万円以上の物もザラにあったので、1万円で30タイトルくらい遊べるであろうスーパーファミコンミニが発売されればかなりお得ですわ。(転売はしないでね。)

というわけで次回「スーパーファミコンクラシックミニに収録して欲しいゲーム30選」でお会いしましょう。

クラシックミニ スーパーファミコンに収録して欲しいゲーム30選

サムネ:http://www.jp.square-enix.com/seiken/