4月11日のドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて(以下、DQ11)の発売日発表会で、DQ11の発売日が7月29日の土曜日になることが明らかになりました。

なんとか、30周年以内には出したかったみたいでしたが、更なるクオリティアップも兼ね30周年からずれたタイミングでの発売になるそうです。

値段は、PS4版は8980円+税、3DS版は5980円+税になります。価格は若干強気設定な気もしますが、それに充分見合っているクオリティには間違いなくなっているでしょう。

早期購入特典で、装備品で「しあわせのベスト」と「なりきんベスト」が手に入ります。

更に、PS4版・3DS版がセットになった「ドラゴンクエスト11 ダブルパック 勇者のつるぎボックス」というのが、e-STORE、ローソン・HMV限定販売されます。こちらの値段は14960円+税。両方ともやる予定の人はダブルパック1択ですね。すぐに予約終了になると思いますので、早めに予約しておきましょう。

ゲーム機本体同梱版も発売されるみたいで、詳細はPS4版ならSIE、3DS版なら任天堂から発表があるとのこと。

PS4のダウンロード版も既に予約が始まっており、発売日前にダウンロードが出来、発売日の0時からプレイ出来ます。

ニンテンドースイッチ版に関しては、今回の発表会では何も明らかになりませんでした。発売日は、PS4・3DSから遅れる可能性大でしょうね。

ここからは、発表会を見ていて気になった点などをPS4版と3DS版に分けて書きます。

スポンサードリンク

 

PS4版で気になった点

・グラフィックが超綺麗

紹介映像を見てもらえば分かりますが、グラフィックは凄いですね。DQ10より更に綺麗になっています。町も、ダンジョンも、細かいところまで綺麗に描かれています。

・色々な操作・ギミックがある

例えば川の中に入れたり、ジャンプでブロックに乗れたり、モンスターに乗って操作出来るのが新たに加わってより冒険が楽しくなる予感が感じられました。

・戦闘シーンも凄い

戦闘シーンのグラフィックも技のエフェクトだったりもパワーアップしていました。また、戦闘は10と違い今までのコマンド入力に戻りましたが、主人公を自由に動かすことが出来たり、主人公もAI戦闘にすることが出来るようになってました。

3DS版で気になった点

・2D表示と3D表示の切り替えが教会で出来る

ストーリーの序盤は上画面が3D表示、下画面が2D表示になっていますが、途中からは上画面を2Dか3Dどちらか選択出来るようになり、下画面は地図が表示されるようになります。3DS版だけでも普通に作るのより倍労力が掛かっているわけですから開発は大変だったでしょう。

・すれ違い通信がある

DQ9であったすれ違い通信が、3DS版のDQ11でもあるみたいですね。DQ9では、まさゆきの地図が話題になったけど、DQ11でもそういうのが話題になりそうですね。

共通で気になった点

・ふっかつのじゅもんが復活

DQ1やDQ2であったふっかつのじゅもんが、DQ11でもあるみたいですね。全く同じ状態で復活になると何万文字も入力しないといけなくなっちゃうので、ここまで進めたのであればだいたいこのくらいのレベルやゴールドだろうと思われるくらいのアバウトな状態で復活出来るみたいです。またDQ1で使えたふっかつのじゅもんがDQ11で使えたり、PS4版のふっかつのじゅもんを3DS版で使えたり、またその逆も出来るとか出来ないとからしいです。

最後に

DQ11は、7月29日に発売されますが、めちゃくちゃ売れること間違いなしで、品切れで発売日に遊べない事態になったら悲惨なので、早めに予約しておきましょう!
あ~、発売日が待ち遠しいんじゃ~!!DQは1から10まで全部やってきましたので、11もめちゃくちゃ楽しみにしていますよ。2機種とも気になるところですが、まずはPS4の綺麗な画面でDQ11の世界を堪能したいです。